会社にADHDだと伝えて部署異動した

スポンサーリンク

どうもケンボーです。

こちらのブログではちょいちょい書いていましたが、ケンボーはADHDという発達障害の診断を受けています。

色々悩みましたが結果、プチオープン就労という形で会社はそのままで部署異動をやったったりました。

自分の症状を家族または職場に伝えて生活することを「オープン」、隠してというと言葉が悪いですが、伝えないまま生活することを「クローズ」と言います。

まずは上司に報告

9月ごろに夏季面談みたいなので報告しました。
前から上司には

  • 提出物が遅い
  • ホウレンソウが無く動く
  • 動きが遅い
  • etc…

言われていまして自分も分かっていたし、辞めたろうかと思っていたので全部言いました。

今年の4月から心療内科に通って、診断を受けたこと。通院して薬を服用していること。このまま続けることは難しいと思っていると。

さすがに驚いていました。

「それ以前の問題では?」

「そんなことは誰にでもある」

定番なセリフを言われましたが、辞めたいと伝えたところ総務や人事のごく一部の人に伝えて自立支援センターにまず通ってみるのはどうかと言われてとりあえず説明会に参加することになりました。

自立支援センターの説明会参加

各都道府県にある就労支援センター。

障害やうつの症状がある人がこの施設に通いながら就労を支援するようです。

代休のタイミングがあったので自立支援センターの説明会へ参加。

色々聞きましたが、ほぼ週五で通いながら色々カリキュラムを受ける必要があると言われたので今の部署ではほぼ不可能。

僕は会社で現場監督のような仕事をやっているので休職すればいけるんですけど、個人携帯にも現場から掛かってくるのにそんなちまちま休んで通うことは出来ませんね。

部署的にもカバーが出来る体制ではなかったので(これは会社が悪いですが)

それになんか内容的にもウツの人の支援の要素が強めに感じました。

ジョブコーチ支援なんてのもありましたが、無理。

辞めるというスタンスで話を進めましたが

自立支援センターには通わんし、もう辞めようと思いますと報告。

上司からは「ほかの部署で頑張るのは無理か?」と聞かれましたが、ほかの現場スタッフ部門も大して変わりませんし、設計部署なんてドブラックの温床。

何するか選べないのにカンタンに異動なんて希望できませんでした。

そんなこんなで話を進めてもらっていたのですが、人事部長から「人事で働くのはどうだ?」と直々にお話が。

人事部長とは車の話題で話が合ったり喫煙所でよく話す間柄でしたが、症状の話については部署のラインを通して進めていたので直接言ってなかったのです。

「お前の症状は把握しているし、ここにいればゆっくり仕事できると思うんだよね。ダメだったら、またそのとき考えようや」

と言ってもらい、そこまで言ってもらえるならと人事部に行くことになりました。

でも、ブログ運営したり、転売したりスケボーなんてやっている人間が人事とかやっていいのかよ(笑

まぁ辞める人をなるべく出したくないという会社の方針もあったと思います。
一応5年も働いているし、会社内で名前が定着してきたところですから。

「お前は礼儀正しいから人事でもやっていけると思うよ」

という嘘かホントか分からない言葉を頂き、一部の人間にだけオープンな状態で人事になります。

まとめ:今の部署がダメなら異動してみては?

  • 上司に相談
  • 自立支援センターに通えるか検討
  • 他部署から引き抜き(?)

という形で現場監督から事務職になりました。

ただの経験談なのでカンタンには言えませんが、ADHDの症状に悩んで困っている人がいるなら会社を辞める前に上司に打ち明けて異動をお願いするという選択肢も考えてみてはどうでしょうか?

これは上司や会社の人間がどれだけ口が堅いかで変わるところだと思いますが、もしかしたら辞めるよりちょっといい方向に向かうかも。

僕もまだ異動先で働いていないので、どうなるかは分かりませんがとりあえず頑張ってみます。


◆◆発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術 / 借金玉/著 / KADOKAWA

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする