コンサータによる薬物治療を1年ちょっと続けた結果【感想とか】

スポンサーリンク

どうもケンボーです。

ADHDかも?ということで心療内科で受診、コンサータによる薬物治療を続けてはや1年と数ヶ月経ちました。

この記事では、コンサータの服用を始めて今の今まで感じたことや自分のことなどをうっすい感じで書いていこうと思います。

現在はコンサータの36mgを服用中

コンサータも他の薬と同様に患者さんとのカウンセリングによって薬の量を増減させて経過をみる治療スタイルです。

僕は現在36mgのコンサータを処方されています。18mgを2つずつ朝に飲みます。忘れなければ。

コンサータの良いポイント(メリット)

  • 頭の中の雑音が消える感じがする
  • 頭の中での切り替えが早くなる
  • 眠たくならない

コンサータを飲むと頭の中がなんかこう「スーッと」するんですよね。いやマジで。スーンって感じ。

余計なことを考えにくくなるというか、色んな自分が頭の中でワイワイ騒いでいるけれど薬を飲むと1人だけになるというか。。。

増量すると、この「スーッと感」が強くなる印象ですね。

悪いポイント(デメリット)は

  • 大きいほうのトイレが増える(気がする)
  • 口が渇く
  • 夜遅くまで起きていることが多い
  • 薬が切れると頭が痛くなる

トイレが増えるというのは特に前日に服用していなかった場合が特にひどいかなーという感じです。

土日は特に服用することが少ないので月曜日に服用すると効き始めると同時にお腹がサインを出してきます。これはちょっと気をつけるようにしています。

口が渇くのは量に限らずって感じです。あまり困ることはないですが、こまめに水分を取るしか対策がないですね。

夜更かしは服用しないときもあるのであまり因果関係があるのかは分かりませんが、服用した日の夜はベッドに入っても寝つきが悪いことが多いです。

あまりにもその日が多忙で頭をフルで使っていた場合は薬が切れるとなーんかキリキリ頭痛がします。痛くて我慢できないほどではありませんが、「もう仕事したくない」ってだだ下がりです。

あまり当てはまらないところ

ほかの服用者が書いているSNSやブログの投稿を観ると以下の項目が挙がっていましたが自分にはあまり当てはまりませんでした。

  • 食欲減退
  • 多動性

食欲については、ちょっとだけ落ちたかなと。今も夜にポテチをガンガンに食べたりしますし、間食をするので問題はないかなって感じ。

多動については事務仕事に変わったのでじっとするのがちょっと窮屈な感じです。

コンサータの依存性は?

「コンサータには依存性がある」と見たり聞いたりしますがどーなのかなって感じ

無いと困って仕方ない!ってワケでもなし。使わずにいられない!ってこともないし。

そもそも飲み忘れて「あー今日飲んでねーわ。ま、いっか」ってなることがめちゃめちゃあるので、薬との付き合い方は付かず離れずなポジションを取れていると信じたいです。

カウンセリングに意味を感じなくなった

3週間に1度のペースで心療内科にカウンセリングを受けに行っています。

  • 薬を飲んでどんな感じだったか
  • 困りごと、体調の変化
  • 薬の効果は実感したか

こんな感じのことを4,5分聞いて「じゃあ3週間分」と処方箋をもらうだけ。

コンサータはもちろん処方箋が無いと出ない薬なので病院に行くのは当然ですが、あまりにやりとりが毎回同じなので飽きるというか意味を感じないというか。

そもそも、自分も何をして欲しいのかとか何を求めているのかも分からないのでこの思いはずーっと残る感じかなと思います。

※以下工事中

ADHD関係の本とか読んでみた

読んだって治りませんがADHDについての本とか読んでみました。

本を読むのは好きなのでなるべくぱぱっと読めそうなやつを。

「借金玉」さんの「発達障害の僕が『食える人』に変わったすごい仕事術」

ADHDの当事者である借金玉さんがめちゃめちゃ具体的にADHDの人が会社でなんとか働くための考え方や方法を書いた書籍になります。

もちろん当てはまらない人もいるかも知れませんが、借金玉さんの経験談から自身の言葉で書いてあるので270ページほどありますがサラサラ読めます。

おすすめです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする