スケボー動画の編集ソフトは何が良い?

スポンサーリンク

どうもケンボーです。

スケボーの動画を作って遊んでいます。

一応、スマホじゃなくてカメラで撮ってパソコンで編集してます。

自分のようにスケボーの動画を作ってみたいと思った人が最初にぶち当たる壁が「カメラ」「レンズ」といった機材と「編集ソフト」かと思います。

基本的にスケボーの動画って編集の技より「撮り方」が重要で、ソフトでやることってちょっとスケーターの名前とか最初と最後のタイトルを入れるくらいで凝ったことやらないんですよね。

ザ・youtuberみたいにエフェクトとか効果音たくさん入れるわけでもないし。(そういうのやりたい人もいるかもだけど)

なのでそんなに良いソフトを使う必要もないです。

Adobe Premire proが王道ですが、サブスク(月額料金を払う)なのでちょっとねって感じ。

自分も毎日撮るわけでも編集するわけでもないので現状は使っていません。

今回は実際に使ってみた編集ソフトを2つ紹介しようと思います。

コロコロ替えるものでもないので、どっちか選べば間違いないでしょう。

Wander Share Filmore

最初に紹介するのはWander Share社から出ているFilmora(フィモーラ)です。

編集ソフトの紹介ページでは絶対出てくるソフトの1つ。それくらい扱いやすいということですね。

ソフト自体も重くないので、低スペックなパソコンでも編集可能。

編集画面は専門的なワードが少なく、直観的に編集が出来る作りになっています。

レベルの高い編集ソフトを使うほどワードが難しくなり「つまり。。。どういうことだってばよ。。。?」と言わんばかりに頭がハテナだらけになりますので安心ですね。

そしてFilmoraの良いところは公式youtubeチャンネルで動画編集テクニックを日々アップしているところです。

まさに「動画編集なんてやったことないから不安だなぁ」という人のためのソフトです。

  • BGMを追加
  • 動画の追加・切り取り
  • 画面分割
  • テロップ(字幕)の追加
  • スローモーション
  • モザイクなどの画面へのエフェクト追加

などなど、やりたいことは一通りできるソフトだと思います。

編集用の素材も豊富で日々バージョンアップされていますが、ポップなものが多いのであまりスケートビデオには適していない印象はあります。

逆に言えば色んなタイプの映像が作れるってことですね。

デメリットは、ちょっと画質が落ちるのでVX1000のようなテープで撮った映像の編集には適していないですね。

デジカメで撮った映像なら問題ないです。

ソフトは有料になっていますので、ちょっとお金を出して買う必要がありますが充分回収できるソフトなので頑張って買ってみましょう。

無償体験版もありますが、映像出力後にfilmoraのテロップが追加されてしまうので注意してください。

公式サイトはこちら

Davinci Resolve

Davinci Resolve(ダヴィンチ・レゾルブ)とは総合映像機器メーカー「Black Magic」が提供している編集ソフトです。

映像機器メーカーの開発しているソフトということでプロ並みの編集機能が備わっています。

無償版と有償版がありますが、無償版だけで十分な編集が可能です。Filmoraと違って無償版だとメーカーのテロップが付くなどの制限がないのでそのまま編集してアップできます。

自分がAdobe Premire proを使わない理由はこのソフトでじゅうぶんかなーと思ったからですね。

自分の用途的にこれでやりたいことが全部出来ちゃうんですね。

なんならちょっとスペックオーバーな気もしますが。

画質が落ちることがないのでテープの映像もしっかり使って編集できます。

専門用語が多いので使うのに最初は解説ブログ等を見ながら頑張る必要がありますけど、気分はプロ編集マン。

機能的に3Dデザインや色味の調整などかなり細かい編集ができるのも特徴で、凝り性の人におすすめなソフトです。

ただ、推奨PCのスペックがちょっと高めなのでお手持ちのPCと比べながら使用を検討してください。

premire proと比較している動画もあるのでご参考に

ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする