Optekaのウルトラフィッシュアイを購入しました

スポンサーリンク

どうもケンボーです。

スケートボードの撮影と言えば、迫力を出すために魚眼レンズを取り付けたカメラで間近に構えてトリックを撮るスタイルが定番。

そんな迫力を出すにはゴツい魚眼レンズが不可欠です。

特にVX1000をはじめとしたDVテープを使うビデオカメラには「ウルトラフィッシュアイ」を使うことが多いです。

今回はウルトラフィッシュアイを購入したのでレビューします。

Optekaのウルトラフィッシュアイを購入

いわゆるスケーター界隈でウルトラフィッシュアイと呼ばれるレンズには「Century(センチュリー)」「Opteka(オプテカ)」の2つのメーカーのものがあります。

CenturyはMK.1(マークワン)というモデルを使う場合が多いのですが定価で10万円以上しちゃうんで、今回はPD170用にOptekaのウルトラフィッシュアイを購入しました。

しっかりとしたケースが付いてますので持ち運びも安心です。

3万円でなんとか買えます。

レンズフード付きのごっついレンズですね

レンズフードは芋ネジで取り付けてあるので付属のマイナスドライバーで外すことができます。説明書も付いているので素人でも取り外し可能です。

カメラによってはレンズフードが大きく映り込んでしまうこともあるのでチェックしてみてください。こんな感じで映り込みます。左上と右下にフードが映ってますよね。

動画も張っておきます。撮り方勉強しないとな

使用後の感想

  • 迫力が増えた
  • めっちゃ寄れるというか寄らないとイイ画にならない
  • なんかスピード感があるような
  • しっかりとしたケース付きなので持ち運びも楽

ウルトラフィッシュアイは高いからと他の魚眼レンズで代用していましたが結局コレ買うなら最初から買っとけばよかったなぁと反省

使ってみないと納得出来ない人なんです(笑

3万円出して買ったかいがありました

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする