【スケシューレビュー】DC shoes 「Kalis S」レビューします。

スポンサーリンク

どうもケンボー(@falloutskatermr)です。

今回はDC ShoesよりJosh Kalisのプロモデル「Kalis S」のレビューをします。

DC shoes設立当時からずーっと第一線で滑るストリートスケーターJosh Kalis。そんな彼のプロモデルなら間違いないでしょう!って感じで購入しました。

ちょっとクセのあるシューズですが、めちゃカッコいいのでおすすめです。


レビュー

今回はブラックのモデルです。

90年代のハイテクシューズの雰囲気が満載ですね。

「Centrics」や「Wolf S」などの前のモデルとも雰囲気が似ています。

シューレースを通す紐が3箇所しかありません。めんどくさがりなケンボーにはピッタリです。

DC Shoesオリジナルのスーパースウェードです。

縫い目の少ないモデルなのでトリックにも使いやすそうです。

スウェードとレザー生地で構成されています。

ホワイトソールとガムソールの組み合わせがめっちゃカッコいい

DC Shoesのロゴ。カップソールです。

パンツと合わせるとこんな感じです。↓

デニム

迷彩パンツ。ハイテク系はやっぱり太いパンツに合いますね

注意ポイント:タンが固定されている

めちゃくちゃカッコいい!と思ってポチったんですけど届いてさぁ履こうと思ったらなんとこの「Kalis S」はタンが縫い付けられていて全然動かない!

↓ここまでしか開きません。

マックスここまで↓

僕は足の甲が高いようなので履いたらめっちゃ盛り上がってしまう(汗

Josh Kalisは足が小さいのかな?

履いた感じとしてはかなりホールド感があってしっかりしています。

いつものサイズでしたが問題ないサイズ感でしっかりフィット。

あまりにも履きにくいのでちょっと切りました。

これでちょっとラクに履くことが出来ます。

まとめ:クセはあるけどやっぱりカッコいい

DC Shoes Kalis Liteのレビューをしました。

ちょっとクセはありますが、やっぱりカッコよくてぜひスケーターには履いて欲しいシューズかなと思います。

ぜひチェックしてみてください!


スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする