スケボー初心者へ送る ウィール(タイヤ)の選び方

スポンサーリンク

こんにちはKenbooです。

今回はスケボーのタイヤの部分「ウィール」の選び方を説明します。

英単語としては「Wheel」 車輪という意味です。                   実は日本語で言う車のホイールと同じスペルなんですが、車の方は和製英語としてホイールと言います。

サイズ

基本は直径で選びます。

ストリートスタイルやミニランプをやるくらいなら52,51mmくらいが一般的です。

バーチカルをやるなら52mmより上ですかね。

トラックの高さやブッシュの柔らかさにもよりますが、ウィールが大きいとターンするときにデッキとウィールが干渉(ウィールバイト)して止まったり減速します。新品に替えたときは特に注意です。

横幅は接地面に関わるので、幅が広いほどグリップが効き、走行中の音が少ないです。

幅が小さいと、その分軽量になるので回しのトリックなどがやりやすいです。

幅はそこまで気にしなくて良いです。

Lowのトラックの方は51mmとかにした方がいいかなぁ。

硬さ

ウィールにもそれぞれ硬さがあり、「○○a」という表記で数字が大きいと硬くなります。

だいたい98~101がトリック向きです。100か101のウィールにしとけばほぼ間違いないです。単位は無いです。

硬いほど、ドライブやパワースライドがやりやすいです。

柔らかいほど凹凸のある路面もスイスイ進みます。

80とか78っていうのもありますが、グリップ力が強いのでトリックの動きには向かないクルーザー用のソフトウィールなので注意しておきましょう。

また、硬さの表記はありますがブランドによって微妙に変わるので違うブランドが気になる方は他の人のスケボーに乗ってみて決めましょう。

ウィールはカラフルな色やグラフィックデザインが凝っているものまで様々です。

グラフィックはすぐ消えちゃうので、そこでこだわるのはちょっと意味がないです。

ウィールは白色が多いですが、だいたい使っているとジャガイモみたいな色になります(笑

ちなみに色が付いているモデルは塗料が入っているため白ウィールより減りが早いと言われています。

間違いないブランドまとめ

おススメをいくつか紹介しておきます。

王道中の王道「SPIT FIRE」

一度は見たことのある火の玉のキャラクター。品質で言えば一番間違いないブランド。愛用者も多いのでどれにしようか迷っている人にはコレが一番!

ちなみにこの「フォーミュラ・フォー」は耐久性に優れていて減りにくいと人気です。

ハードコアスケーター向けな「ボーンズ」

スピットと同様に数多くのスケーターに愛用されているボーンズ。どちらかと言えばハードコアなイメージがあり、所属ライダーも攻め攻めな人が多い。

気になる方はこちらの動画から

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スケボー ウィール スケートボード ホイール ボーンズ BONES
価格:4890円(税込、送料別) (2017/3/13時点)

B系スケーターにおすすめな「Gold」

スケーターと言えばBボーイという、ステレオタイプなあなたにはぜひGoldWheelを。

歴史は浅いけど所属ライダーは全員間違い無しなブランドです。小さめなウィールなので回しがやりやすい。

ポップなカラーリングが人気のカナダ発のブランド「モ―メンタム」

日本人のシグネイチャーモデルが出ているほどのワールドワイドな活動をしているモ―メンタム。将軍の愛称でテクニカルなカーブをする戸枝義明モデルを紹介します。

速いウィールが好きなら「Ricta Wheel」

とにかく速いウィールが欲しいならRicta wheel。

速さを追求し、様々なハイテク技術が詰まっているウィールになっています。

ライダーもトム・アスタ、ナイジャ・ヒューストン、デビット・ゴンザレスなどスピード感のある滑りをするやつがたくさんいます。


スケボー ウィール スケートボード ホイール リクタ RICTA

OJ Wheel

40年以上続く超が付く老舗ブランド。

OJとは「オレンジ・ジュース」の略です。

100Aでもグリップが効いてくれるんでパークからストリートまでオールラウンドに滑ることが出来ます。


【OJ WHEELS オージェイウィール】53mm KREMER WES WE CAN! 101A WHEELSウィール ウェス・クレマー スケートボード スケボー sk8 skateboard

上記以外にもたくさんウィールブランドは出ているのでぜひ色々さがしてみましょう!

ベアリングをお探しの方はこちらから↓

スケボー初心者へ送る ベアリングの選び方

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする